ほうれい線を消したい


最近、ほうれい線がすごく気になります。

鏡を見て「老けたなー」と思うことがよくあります。

セルフイメージが自分を作る部分もあるそうですから、
老けたって思うのはよくないと思いますが、、、。

そこで、ずーと前にとてもはやった造顔マッサージをyou tubeを見ながらやり始めました。

「そんなにやると、シミができる。 」とか、「皮膚が厚くなって、硬くなる。」

と、言う方もいますが、私の場合は、皮膚が薄く、寒暖差で赤ら顔が目立つので、
皮膚が厚くなった方がうれしい。
マッサージの仕方に気を付けて、シミをつくらないようにして、
やってみようと思い、始めました。

その他、ほうれい線に効く頭皮マッサージもプラスしています。

ネットの情報は鵜呑みには、できませんが、
やってみて効果があったら儲けもの程度の感覚でやっています。
少しでもたるみがなくなるといいな。




4月から


なんやかんやで、自分から辞めなければ4月から数年は働けます。

ただ、自分に自信がないので、不安は大きいです。

自信ってどうやったらつくのでしょうか。

いろいろなことを経験して困難を乗り越え、人づきあいもして自信をつけていくのでしょうが、
若い時は、人づきあいやつらいことからは逃げてばかり、避けてばかり
でしたので、年をとってからも自信が持てません。

ただ、昔よりは、ずーっと図太くなってきたとは思います。
昔はささいなことで傷ついていましたから(笑)
その点に関しては、おばさんになるのも悪くないです。



バレンタインデーに


夫が職場からチョコをもらってきました。
男性陣全員に配られているそうです。

市販のチョコ。手作りのチョコ。

手作りのチョコは、ホットケーキミックスをタコ焼き機に流し込んで、
まるい土台をつくり、
それを溶かしたチョコにまぶしたそうです。

おいしかったです。

今どき、まだこんな習慣があるのか!と思いますが、ちゃっかりいただきました。

私の方は、もちろん職場の方にチョコなんてあげません。
なんにもしないと、浮きますが、気にしません。

夫にもあげません。

チョコを売りたい側の単なる商業主義的イベントだと思っていますから(^-^)/




前から指摘されていたのに


共産党の田村智子さんは、好きな政治家の一人です。

昨年4月に、国立感染症研究所の人員削減、予算削減についての質問をされていました。
なぜ削減するのかと。

感染症対策は、国の安全保障対策そのものだとおっしゃっていました。

首相は、オリンピックだ、インバウンドだと旗を振ってるが、
日本が経験したことのない感染症が入ってくる可能性がある
と指摘しておりましたが、まさに、そのとおりになりましたね。

桜を見る会のことも田村さんの質問から、知られることとなりました。

ナイスです\(^o^)/

それなのに、危機感を持たない政府。
国民のことなんて考えていない政府。

感染症対策について、政府は、重要だという答えをするものの、
改善しようとしていない、

とおっしゃっておりましたが、

まさにそのとおりですね。

今回のようなことが起こってあわてて予算や人員を増やしたって、遅すぎです。
危機感をもってほしいです。

オリンピックどうなるのかな。
IOCの言うことには逆らえないですから、なんらかの手段でやるのでしょうね。

最初っから思っていました。
オリンピックなんていらないと。


イカげそ


家計に余裕がない我が家ですが、安いからといって、
何が入っているかわからないような加工食品や添加物たっぷりの物は買わないようにしています。

閉店間際にスーパーに行くこともないので、
半額シールのお買い得品に出会うこともありません。

そんな中、お買い得で助かっているものは、
地元でとれたイカのげそです。

イカの足だけがパックに入って売られていますが、足でも十分においしいです。
量も結構あるので、2回に分けて食べています。

それから、地元の大豆で作られた納豆や豆腐も普段は値段はお高めなのですが、
値引きになっていたら迷わず買います。

今、遺伝子組み換えの食品がバンバン日本に入って来ています。
主に加工品に使われているので、消費者は知らないうちに口にしていると思います。

日本政府は、発がん性のある除草剤や農薬の使用量の基準を緩めています。
外国とは真逆のことをやっている日本です。

政府は
国民の食の安全や健康を守ることよりも、外国のグローバル企業の要望に応えることを優先しています。

外国では訴訟をおこされたりして商品を売りにくい企業も、
日本では、基準を緩めてくれるから
安心して参入できます。

食品を購入する時は、裏の原材料をよく見て、
安物買いの健康失いにならないように、気を付けています。

そうすると、加工品のほとんどは買う気になれないので、手作りになりますね。



プロフィール

たま子

Author:たま子
猫たちと非正規で働く夫と節約生活をしています。

よろしくお願いします
最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -