勝手に変更

またか、安倍政権。

自分たちに都合のいいようにデータを改ざんしたり、憲法の解釈を変更したりしていましたが、
今回もまた、勝手に変更しました。

東京高裁の検事長の定年延長です。

そりゃこの方は、

小渕さん→不起訴
甘利さん→不起訴
佐川さん→不起訴

政権にとっては、犯罪を犯しても不起訴にしていただける、貴重な方ですもの。
人事を思うままにすれば、怖いものなし。

過去、検事の定年延長は例がありません。
首相でも逮捕することができる組織だけに、
時の政権の恣意で中立性を侵してはならないはず。
そのような理由で、検察庁法の定年規定は守られてきました。

しかし、
さすが、なんでもありの安倍政権。
法を犯しても平気。
それが何か?。。。って感じですね。

政権擁護のスタンスの読売新聞や産経新聞は扱いが小さいです。
(政権に不利なことは小さく報道するのはいつものことだけど。)
こんなにひどいことがおこっているのに。
政権擁護すれば、甘い汁が吸えるからなのでしょうか?

権力者が権力を持ち、法の解釈を変更したりと好き勝手なことができるとなると、
何かあったときに、力のない一般庶民は法で守ってもらうことができない可能性があるということです。
どこかの独裁国家みたい。

私たちは、無関心ではいけませんね。




スポンサーサイト



プロフィール

たま子

Author:たま子
猫たちと非正規で働く夫と節約生活をしています。

よろしくお願いします
最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29