勝手に変更

またか、安倍政権。

自分たちに都合のいいようにデータを改ざんしたり、憲法の解釈を変更したりしていましたが、
今回もまた、勝手に変更しました。

東京高裁の検事長の定年延長です。

そりゃこの方は、

小渕さん→不起訴
甘利さん→不起訴
佐川さん→不起訴

政権にとっては、犯罪を犯しても不起訴にしていただける、貴重な方ですもの。
人事を思うままにすれば、怖いものなし。

過去、検事の定年延長は例がありません。
首相でも逮捕することができる組織だけに、
時の政権の恣意で中立性を侵してはならないはず。
そのような理由で、検察庁法の定年規定は守られてきました。

しかし、
さすが、なんでもありの安倍政権。
法を犯しても平気。
それが何か?。。。って感じですね。

政権擁護のスタンスの読売新聞や産経新聞は扱いが小さいです。
(政権に不利なことは小さく報道するのはいつものことだけど。)
こんなにひどいことがおこっているのに。
政権擁護すれば、甘い汁が吸えるからなのでしょうか?

権力者が権力を持ち、法の解釈を変更したりと好き勝手なことができるとなると、
何かあったときに、力のない一般庶民は法で守ってもらうことができない可能性があるということです。
どこかの独裁国家みたい。

私たちは、無関心ではいけませんね。




スポンサーサイト



ほうれい線を消したい


最近、ほうれい線がすごく気になります。

鏡を見て「老けたなー」と思うことがよくあります。

セルフイメージが自分を作る部分もあるそうですから、
老けたって思うのはよくないと思いますが、、、。

そこで、ずーと前にとてもはやった造顔マッサージをyou tubeを見ながらやり始めました。

「そんなにやると、シミができる。 」とか、「皮膚が厚くなって、硬くなる。」

と、言う方もいますが、私の場合は、皮膚が薄く、寒暖差で赤ら顔が目立つので、
皮膚が厚くなった方がうれしい。
マッサージの仕方に気を付けて、シミをつくらないようにして、
やってみようと思い、始めました。

その他、ほうれい線に効く頭皮マッサージもプラスしています。

ネットの情報は鵜呑みには、できませんが、
やってみて効果があったら儲けもの程度の感覚でやっています。
少しでもたるみがなくなるといいな。




4月から


なんやかんやで、自分から辞めなければ4月から数年は働けます。

ただ、自分に自信がないので、不安は大きいです。

自信ってどうやったらつくのでしょうか。

いろいろなことを経験して困難を乗り越え、人づきあいもして自信をつけていくのでしょうが、
若い時は、人づきあいやつらいことからは逃げてばかり、避けてばかり
でしたので、年をとってからも自信が持てません。

ただ、昔よりは、ずーっと図太くなってきたとは思います。
昔はささいなことで傷ついていましたから(笑)
その点に関しては、おばさんになるのも悪くないです。



バレンタインデーに


夫が職場からチョコをもらってきました。
男性陣全員に配られているそうです。

市販のチョコ。手作りのチョコ。

手作りのチョコは、ホットケーキミックスをタコ焼き機に流し込んで、
まるい土台をつくり、
それを溶かしたチョコにまぶしたそうです。

おいしかったです。

今どき、まだこんな習慣があるのか!と思いますが、ちゃっかりいただきました。

私の方は、もちろん職場の方にチョコなんてあげません。
なんにもしないと、浮きますが、気にしません。

夫にもあげません。

チョコを売りたい側の単なる商業主義的イベントだと思っていますから(^-^)/




前から指摘されていたのに


共産党の田村智子さんは、好きな政治家の一人です。

昨年4月に、国立感染症研究所の人員削減、予算削減についての質問をされていました。
なぜ削減するのかと。

感染症対策は、国の安全保障対策そのものだとおっしゃっていました。

首相は、オリンピックだ、インバウンドだと旗を振ってるが、
日本が経験したことのない感染症が入ってくる可能性がある
と指摘しておりましたが、まさに、そのとおりになりましたね。

桜を見る会のことも田村さんの質問から、知られることとなりました。

ナイスです\(^o^)/

それなのに、危機感を持たない政府。
国民のことなんて考えていない政府。

感染症対策について、政府は、重要だという答えをするものの、
改善しようとしていない、

とおっしゃっておりましたが、

まさにそのとおりですね。

今回のようなことが起こってあわてて予算や人員を増やしたって、遅すぎです。
危機感をもってほしいです。

オリンピックどうなるのかな。
IOCの言うことには逆らえないですから、なんらかの手段でやるのでしょうね。

最初っから思っていました。
オリンピックなんていらないと。


イカげそ


家計に余裕がない我が家ですが、安いからといって、
何が入っているかわからないような加工食品や添加物たっぷりの物は買わないようにしています。

閉店間際にスーパーに行くこともないので、
半額シールのお買い得品に出会うこともありません。

そんな中、お買い得で助かっているものは、
地元でとれたイカのげそです。

イカの足だけがパックに入って売られていますが、足でも十分においしいです。
量も結構あるので、2回に分けて食べています。

それから、地元の大豆で作られた納豆や豆腐も普段は値段はお高めなのですが、
値引きになっていたら迷わず買います。

今、遺伝子組み換えの食品がバンバン日本に入って来ています。
主に加工品に使われているので、消費者は知らないうちに口にしていると思います。

日本政府は、発がん性のある除草剤や農薬の使用量の基準を緩めています。
外国とは真逆のことをやっている日本です。

政府は
国民の食の安全や健康を守ることよりも、外国のグローバル企業の要望に応えることを優先しています。

外国では訴訟をおこされたりして商品を売りにくい企業も、
日本では、基準を緩めてくれるから
安心して参入できます。

食品を購入する時は、裏の原材料をよく見て、
安物買いの健康失いにならないように、気を付けています。

そうすると、加工品のほとんどは買う気になれないので、手作りになりますね。



気分転換


昨年の誕生日に、ただただ無為に年をとっていく、
このままではいけないと感じました。

そこで、何かを始めたいと思い、音楽の習い事を始めました。

今のところ、まだ習い事は続いています(´∀`*)

最初は、なんだか楽しいなーから始まりましたが、
だんだん難しくなってきて、きちんと練習していかないといけない状態です。

習い事というのは、これを乗り越えて、上達するのでしょう。

お金はかかりますが、いい気分転換になっています。

地域の婦人会の役員になり、ストレス溜めまくっていますが、
音楽をやっていると、少しは忘れていられます。

この役員の仕事は本当にイヤです。
役員は今後あと2,3回まわってくるそうですが、
とりあえあずは、一年間のガマンです。

習い事でうまく気分転換してやっていきたいです。


儲けさせたくない。

ここの田舎では、ご近所十数件がひとつの講中になり、誰かかなくなると、
強制的にお葬式やお通夜に参列させられ、
真言をあげなければなりません(T_T)

平日だったら、仕事を休んで。

これまで、話したことも会ったこともない方のお葬式・お通夜に参加させられたことも
何回かありました。
お年寄りが多いので、ここれからも増えるでしょう。

よく知らない人なのに、香典はいるし、申し訳ないけど行きたくないです。
講中なんてばかばかしい習慣はなくなってほしいと思います。
家で、お葬式をしていた昔は大切なことだったとは思いますが。

他人のお葬式に出て思うことは、

私の時はそんなものは、いらないということです。

たったあれだけのお経を読むだけで、戒名をつけるだけで、
何十万も坊さんにお金を払わなければならないなんて、
イヤです。

人間的に尊敬できるとか、弱者に寄り添ってくれて心の支えになるお坊さんだったら
まだいいかもしれませんが、
ご近所の坊さんたちは、ぜーんぜん違います。

これっっぽちも尊敬できません。

謙虚さのかけらもないし、本当に修行したの?ってかんじです。

そして、坊さんって頭脳や技術や緊張を強いられる医者よりも時給が高いのではないか
と思います。いいビジネスです。人の不幸につけこむビジネス。
こんなもの、本当に必要なの?

固定資産税も免除されているし、優遇されすぎ。
政治家にとって宗教団体の票は大きいから、あまりじゃけんには、できないのでしょうね。

最近は、家族葬など、簡素化する家庭が多くなり、いいことだと思います。
人々が必要ないと思い始めているのではないでしょうか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

葬式は、要らない (幻冬舎新書) [ 島田裕巳 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2020/2/1時点)




プロフィール

たま子

Author:たま子
猫たちと非正規で働く夫と節約生活をしています。

よろしくお願いします
最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29