年を重ねても

日本では、年を取っても若く見られるということに喜びを感じる人が多いと思います。
雑誌、CM、テレビ番組では、「まるで30代にしか見えない50代」
といったことが誉め言葉になっていたり、
いつまで若々しくきれいな人を美魔女といったり。

若くいるのは、本人の努力が必要なので、それはそれで素敵です。

年をとっても、その年ならではの美しさ・生き方もあると思います。
でも、お手本となるような方がいませんでした。

ある日、図書館で沢村貞子さんのエッセイを読み、心を動かされました。

わたしの茶の間 新装版 [ 沢村貞子 ]

わたしの三面鏡 (ちくま文庫) [ 沢村貞子 ]

元女優さんですが、私は名前しか知りません。
本を読んで、とても素敵な年のとり方をされてるという印象を持ちました。

それから沢村さんの本を貸りまくって、読みました。
完全にハマってしまいました。

献立の本も出されていて、それもまた素敵なんです。
繰り返し読みました。

沢村貞子の献立日記 (とんぼの本) [ 高橋みどり ]

ブログを書いているうちに、また読みたくなってしまいました。
貸りてこようかな。

おすすめの本です。



スポンサーサイト



プロフィール

たま子

Author:たま子
猫たちと非正規で働く夫と節約生活をしています。

よろしくお願いします
最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -