ありがたい利子

今日は汗をだらだらかきながらめいっぱい仕事をしたので、とても疲れました。
ご飯をつくる余力がないので、お刺身を買ってきました。

帰りに通帳の記帳をしたら、10年国債の利子が振り込まれていました。
この利子は年2回に分けて振り込まれるのですが、ちょっとした家計の足しになるので、
たいへん助かります。

この国債を買ったときは、利率が1.2%でしたので、今の銀行預金に比べたら
何倍もお得です。

この国債も来年には満期が来ます。
以後、国債は買わないつもりです。

現在は、利率もそんなに高くないですし、なにより今、
日銀が国債を買いまくって、売るに売れない状態になっていつか暴落するのではないかという不安があります。

日銀はもちこたえられるのか、よくわかりません。
明石順平さんの「データが語るニッポン財政の未来」」という本を読むと、不都合な真実がいろいろ書かれていて、日本はこれからどうなってしまうのだろうかと不安になります。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

データが語る日本財政の未来 [ 明石 順平 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2019/6/21時点)


円安になり、インフレになり、医療・介護・年金も十分に受けられなくなるかもしれません。
せっかくお金を貯めてもインフレになればお金の価値がなくなっていくので、大打撃です。

この本のことを批判する人もいます。誰の言い分を信じたらいいのか、わかりませんが、自分の感覚としては、これから少子高齢化が加速しますし、楽観論ばかりでは済まされないような気がします。



   屋根の上の猫。上から何を見ているのかな。
  P1040658_(2)_convert_20190620104928.jpg








スポンサーサイト



プロフィール

たま子

Author:たま子
猫たちと非正規で働く夫と節約生活をしています。

よろしくお願いします
最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -