無関心ではいられない

無職の時にYouTubeで国会中継をよく見ていました。

政治には関心がなかったのですが、
原発事故後の政府の対応を見るにつけ、

国はお金や大企業を守ることが第一で、国民を守ってはくれないと感じ、政治に関心をもつようになりました。
他人事ではすませされません。

国会を見れば見るほどあまりのひどさに腹がたちます。
ほんとうに、政治の劣化がひどいのです。
熟議とは程遠く、議論さえもしていません。

トップがトップなので、官僚も公文書を改ざん、隠ぺいをしても悪びれもせず、堂々としています。
霞が関文学を駆使しての答弁はごまかしばかりで、意味不明です。

そして投票率が低いのに、選挙で勝って国民の信任を得たと言って
きちんと議論もせずに悪法が成立していきます。

日本という国が壊れていくのを感じます。
一体日本はどうなってしまうのでしょうか。


野党議員がいい質問をしても質問に答えずに、はぐらかして自分の言いたいことだけ言う、
というのが今の安倍政権の姿です。
丁寧に説明するとか真摯に対応するとかよく言っていますが、全く説明責任を果たしていないのです。

国民が無関心なので、やりたい放題やっているという感が否めません。

国会議員でもない方が霞ヶ丘に出入りし、自分たちの会社に有利になるような法律を進める。
国民不在でお友達優遇政治。

消費税が8%になった時も、増税分は大企業の法人税減税になりました。おかしな話です。


ある方がツイッターで次の選挙でもし安倍自民が勝ったらおこりそうなこととして以下のことを挙げていました。

  ・年金財政検証でいっそうの年金不安
  ・消費税増税で、消費の落ち込み
  ・武器のさらなる爆買い ←増税しておいて武器は買う。
  ・農産物輸入の関税引き下げ ←農家の方は打撃をうけますね。
  ・日本維新の会と組んで憲法改正 ←現政権に有利な改正をしそうでとても怖いです。

日々の生活が精いっぱいで政治には関心がもてないというのは、よくわかります。
私もその一人だったので反省しています。

一生懸命節約して必死に生きていても、政治がそれを台無しにしてしまうこともあります。
無関心ではいられません。


国民不在の政治をする政治家が、国民の生活を第一に考えてくれるでしょうか。
災害で被災した時、全力で被災者をを守ろうとしてくれるでしょうか。

老後の生活が大変そうですが、今の若い方はこんな状況でも生きていかなくてはなりません。もっと大変だと思います。

国民が政治に関心をもって監視していれば、ここまでひといことにならなかったのでは、と思います。

年金2000万円問題はここまで広がったので、政府は必死に火消しをしました。
言論の自由が脅かされていますが、まだいいたいことは言える部分は残っています。
他のことだって国民が関心をもって、情報を広げていけば、少しはマシになるのかもしれません。

無関心でいて、自分に火の粉がかかってから振り払ってももう遅いのです。  
  





         
スポンサーサイト



元気でいてほしい

両親がお昼を食べに我が家にやってきました。
いつもうちに来るときは、たくさんの食料を持ってきてくれます。

今日は、
家庭菜園でとれた野菜いろいろ、パン、お刺身、くだもの、手作りお惣菜などをもらいました。

両親は共働きで働いていたので、それぞれが生活するには十分の年金をもらって
暮らしています。

ですので、こちらが金銭的に何か援助する、ということは全くありません。
むしろ、いろいろもらったりして助けてもらっています。

親が金銭的に自立しているということは、なんとありがたいことか。
もしこれから医療費や介護費が必要になっても、こちらが金銭的に助ける
ということは、必要なさそうです。(そもそもできませんし。)

お昼の後は、父が電気屋さんに連れて行ってほしいというので、車で出かけました。

父の買い物の支払いはポイントがつく私のクレジットカードで。
あとでかかったお金(3万くらい)を現金でもらいます。

車で連れて行ったので、夫にガソリン代だと言ってお金を渡してくれたし、
いろいろと助かります。

娘が超低収入で暮らしているのを知っているので、なにかと気をつかってくれます。

私には親しい友人や親せきはいません。
夫以外でやりとりのある人といったら両親だけです(*´v`)

両親には元気でいてほしいです。





関係のない話

世間ではボーナスの話題がちらほら出ていますが、我が家には全く関係のない話です。

ボーナスどころかお給料が少なく、生活していくのがやっと、という状態が何年も続いています。

会社員の頃に当たり前のようにボーナスをもらっていたのは、ありがたいことだったんだな、と今更ながら思います。

なんとか暮らしてはいけるものの、病気や災害など突発的な出来事が起きたら、アウトです。
こんな状態ですので、お金の心配は常に頭の片隅にあり、余裕のある気持ちでいられることはありません。

「なるようになるさ。」と、いっそのこと割り切ってしまえばいいのでしょうが、なかなかできません。

また、働き盛りのいい年をした夫婦が二人とも非正規というご家庭は、私の知る限り
周りにはいません。

子供もいない、安定した収入源もない、となると、自分のみじめさを感じます。

人と自分を比べるとつらくなります。
比べてもいいことなんて一つもないですけど。
他人の芝生は青く見えるといわれますが、やっぱり青く見えてしまいます(^∇^)



    気を取り直して、猫と遊びます。
    夫に抱かれる猫。


    P1050445_(2)_convert_20190628210545.jpg


常備しています

直売所の玉ねぎがとってもお買い得でした。

中くらいの大きさのがネットに15個入っていて、なんと300円!
迷わず2ネット買いました。
 

          P1050432_(2)_convert_20190622221937.jpg


保存のきく玉ねぎ・じゃがいも・人参などはよくストックしておきます。
ストック野菜と乾物があれば、買い物に行けなくてもおかずがつくれますので、
とても便利です。

常備している乾物では、乾麺、ビーフン、ワカメ・切干大根・かつお節・しいたけ・高野豆腐・麩・乾燥しらたきをよく使います。

乾物って本当に便利です。

家庭菜園で野菜も作っているので、その野菜を使って、買い物にいかなくても料理が作れるときは、豊かな気持ちになります。


これから夏野菜がどんどんできるので、野菜を買わなくてもいい日が続くと思います。
楽しみです。

貯まらないわけだ~

節約されている方のブログや家計管理に関するブログを読むのが好きです。

今まではどちらかというと、自分に近い方(つまり低収入でやりくりしている方)のブログを好んで読んでいました。

〇千万円貯めた、とかそういうのは自分の生活とは違いすぎて参考にならないし、
共感することもないと思い、素通りしていました。

ところが、ふと「読んでみよう」と思って読んでみたら、
驚くことあり、参考になることあり、納得のいくことありで面白い!

まず驚いたこと。
〇千万円もの貯金があっても、ぜいたくせず節約して暮らしているということ。
気が大きくなって使ってしまうということはないようで、貯めている方は
それが普通なのでしょうか。

こんなことで驚くのが変なのかな。

参考になることは、ポイントを集めたり結構チマチマしたこともやっていること。

そして私とはこうも違うから、しっかりとお金を貯められているんだなーと納得いくことは、

正社員として働き、努力をしていること。
ライフプランとかお金のプランをたてていること。
保険にしっかりと入っていて、いざというときの備えがあること。
株やネットなどの副業で額は大きくないけど、それなりに利益を出していること。
節税のことを勉強されていること。

などです。そして、お金の貯まるスピードが早い早い…

要するに、私と正反対(#^.^#)

お金が貯まらないわけですね。

やりがいはないけど

パートの仕事から帰ると、どっと疲れが出ます。そしてモーレツにお腹がすきます。
緊張感から解き放たれてそうなるんだと思います。

人づきあいが苦手の上、小心者なので、職場ではけっこう気を使っています。

もし今の仕事にやりがいを感じたら、心地いい疲れになるのだと思いますが、
下働きの仕事にやりがいなどありません。

でも、もし働かずに家にいたら、きっとパソコンの前で過ごす時間が多くなり、
なんの生産性もない時間を過ごしそうです。

そしてさらに貧乏になるので、貯金が減っていくことに精神的に耐えられなくなりそうだという不安もあります。


ネットや副業で稼ぐなんて私にはとてもできないので、
結局は、やりがいがなくても生活のために、どこかに雇われて働くしかないんだ
という結論にいきつきます。

辞めたいとは何度も何度も思うけど、辞めたところで他に行くところもないですしね。

生活のために必死に働いている方、ダブルワークまでされている方のブログを読み、
自分もがんばらなくてはと活をいれます。ブログはけっこう励みになっています。

期間限定とはいえ、雇っていいただいていることに感謝して、働くしかありませんね。



  「猫は自由気ままでいいな!」と言うと、
  「猫だって外では、ネズミをつかまえたり、野良猫に出会ったり、いろいろ大変なんだよ。」と夫に言われます。

  そうなのかな~。

   P1030001_(2)_convert_20190620104659.jpg
 

1000万ですか

職場の50代後半の方が話していたのが耳にはいりました。

その方は、60才から年金がもらえる保険に二つ入っていて、合計で約1,000万の年金がもらえるんだと言っていました。
年金は必要だと思って30才の時に入ったとのことです。
 
お金がある人は、保険料を支払う余裕もあるから、そうやって長年、払い続けられるのだと思います。

この職場は、正規の方はかなりの額の退職金がもらえるはず。
それでも、しっかりと備えているんですね。

私は、30才の時は何を考えていたのでしょうか。
ぼーっと生きていたんですね。チコちゃんにしかられそうです。

貯金はできないから、腕立てでもやって、貯筋をしようと思います。

オールA

夫の健康診断の結果がきました。
結果は、オールAです。


    P1050437_convert_20190623081748.jpg


昨年は、心電図で引っ掛かりましたが、運動する人によくあることだと言われたそうです。
年齢を考慮するとメタボにもならず、上出来だと思います。

これは、食事と運動によるところが大きいと思います。

筋トレは結婚前から毎日、運動も定期的にしています。
服を脱ぐと贅肉はなく、引き締まった身体というかんじです。
家にはダンベル他、身体を鍛えるものがありちょっとマニアック(?)な感じです。

間食はしません。お酒は好きで、時々飲みます。
食事は…
低所得の我が家ですが、食材等にはお金をかけています。

特に調味料は、毎日口に入れるものですので、伝統製法の物を買うようにしています。
料理に白砂糖は使いません。

例えば、
市販の安価な油は、化学溶剤を使って抽出した後、高熱処理・水素添加・消泡材などの薬剤添加があるようです。

    この油を使っています。



できあいのものやレトルトもの、加工品も、なんだかよくわからない添加物が入っているので、購入しないようにしています。
ある程度こだわると、必然的に食費が高くなってしまいます。

夫が非正規で、私がまだ無職だったときは、お金が足りず、少しずつ貯金を使っていました(´;ω;`)
調味料にこだわり、加工品を買わず、砂糖を使わず、良い食材を使いながらも食費をそこそこに抑えられている方のブログを探しているのですが、食事に関してはあまり参考になる記事にめぐりあっていないので、自分で工夫するしかありません。

加工品を少しぐらい食べたって即、体に影響を及ぼすわけではないのですが、それが長年積み重なったらどうなるか、
よくわからないので、避けているのです。

収入が収入なので、これもいつまで続くかわかりませんが、なんとかやりくりして今の食生活を維持していきたいです。

長い目でみたら、健康でいることが一番の節約になると思います。



    あなたも健康でいてね。   
   P1030076_convert_20190620104814.jpg







お役に立てるなら

夫が近所のお年寄りの畑のまわりの草刈りに行きました。
一度草を刈って、しばらくしたら見に行ってまた刈る、ということをお盆過ぎぐらいまでの間、何回かやります。

数年前にこの方が家にいらして、草を刈ってほしいと言われました。
最初は、お金はいらないと言いましたが、草刈り機の燃料代もかかるし、お金をもらってもらわないと頼みにくい、とおっしゃいます。なるほどそうかもしれません。
それで、ひと夏3,000円いただいています。

燃料代もかかるし、何回か草を刈るので、それなりの労力も必要です。
3,000円はわりに合うのかわかりません。
それでも夫はお金云々ではなく、困っている方のお役に立てるのがうれしいようで、嬉々としてやっているところがあります。

わたしもそれでいいと思います。

この方の家は、うちのお隣さんではなく、少し離れたところにあります。
この方の家の周辺には、うちと同じくらいの年齢のご夫婦も2軒いらっしゃいます。
それでもうちを頼って下さるのですから、
できるかぎりのことはしたいと思っています。
お会いすればちょっとした雑談をしたりしていたので、頼みやすかったのかもしれません。

誰もが年を取って誰かの手助けが必要な時が来ます。
自分たちもそう遠くはない将来、誰かの手を借りなければいけないことが出てくると思います。

今は元気で動ける。
そんな幸せに感謝して、自分たちにできることは、したいと思っています。
    
   
  


ありがたい利子

今日は汗をだらだらかきながらめいっぱい仕事をしたので、とても疲れました。
ご飯をつくる余力がないので、お刺身を買ってきました。

帰りに通帳の記帳をしたら、10年国債の利子が振り込まれていました。
この利子は年2回に分けて振り込まれるのですが、ちょっとした家計の足しになるので、
たいへん助かります。

この国債を買ったときは、利率が1.2%でしたので、今の銀行預金に比べたら
何倍もお得です。

この国債も来年には満期が来ます。
以後、国債は買わないつもりです。

現在は、利率もそんなに高くないですし、なにより今、
日銀が国債を買いまくって、売るに売れない状態になっていつか暴落するのではないかという不安があります。

日銀はもちこたえられるのか、よくわかりません。
明石順平さんの「データが語るニッポン財政の未来」」という本を読むと、不都合な真実がいろいろ書かれていて、日本はこれからどうなってしまうのだろうかと不安になります。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

データが語る日本財政の未来 [ 明石 順平 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2019/6/21時点)


円安になり、インフレになり、医療・介護・年金も十分に受けられなくなるかもしれません。
せっかくお金を貯めてもインフレになればお金の価値がなくなっていくので、大打撃です。

この本のことを批判する人もいます。誰の言い分を信じたらいいのか、わかりませんが、自分の感覚としては、これから少子高齢化が加速しますし、楽観論ばかりでは済まされないような気がします。



   屋根の上の猫。上から何を見ているのかな。
  P1040658_(2)_convert_20190620104928.jpg








プロフィール

たま子

Author:たま子
猫たちと非正規で働く夫と節約生活をしています。

よろしくお願いします
最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -