4月から


なんやかんやで、自分から辞めなければ4月から数年は働けます。

ただ、自分に自信がないので、不安は大きいです。

自信ってどうやったらつくのでしょうか。

いろいろなことを経験して困難を乗り越え、人づきあいもして自信をつけていくのでしょうが、
若い時は、人づきあいやつらいことからは逃げてばかり、避けてばかり
でしたので、年をとってからも自信が持てません。

ただ、昔よりは、ずーっと図太くなってきたとは思います。
昔はささいなことで傷ついていましたから(笑)
その点に関しては、おばさんになるのも悪くないです。



スポンサーサイト



職場の人の公私混同

職場の人で、お子さんの部活の役員になったという方。

サッカーの大会で子供たちを連れてどこかに出かけるらしく、勤務時間中に
職場の電話でバス会社に予約を入れていたり、
パソコンで名簿のようなものを見ながらなにやら作業をし、印刷ていました。

上司が同室にいるわけではないし、ほかの方々は外出で出払っているし、
私は少し離れたところにいるから、わからないとでも思っているのでしょうか。

この方の給料は税金です。

仮に非常勤の私が同じことをしたら、注意されるでしょう。

他の人のことなんですが、夏なんて外で汗をびっしょりかいたら職場の洗濯機で洗濯して、
職場に干しています。

その他にもおかしい、と思う公私混同があります。
個人が特定されそうで、書きたいけど、書けません(笑)

外部の方の訪問は多くないし、上司も常にいないから、けっこうユルユルな職場。


民間企業ならまだしも、
税金で給料をもらっている人たちです。



おかしいでしょ。

簡単には使えない


この国の首相やその取り巻きは、平気で嘘をつきますね。
日本の行方などちっとも考えていない、我が身だけがかわいい人たち。
良心なんてない、あわれな人たち。


さて、このところ、風が吹いて、寒いところで、立ちっぱなしの
つまらなーい仕事をしています。
カイロを貼っているのですが、寒さに弱い私には、ツライです。

時間の経過をとても長く感じます。

一時間働いてやっともらえるお金。

イヤなことを我慢してやっともらえるお金。

苦手な人と一緒に働く苦痛を乗り越えてやっともらえるお金。

そう考えると、お金は簡単には使えないですね。


週末で気がゆるみそうでしたが、スーパーには寄らず、家に直行しました。
家にあるものでやりくりして、休みを乗り切ろうと思います。




悪循環


このところ仕事の事を考えて眠れなかったり(まあ取り越し苦労なんですけど)、
ストレスがかかったりで、家に帰るとストレスのはけ口として、甘いものが食べたくなります。

家に甘いお菓子は買い置きしてないので、夫に買ってきてもらいます。

おとといは買ってきてもらったアイスを食べたら、とても寒くなり、ストーブをつけてしまいました。
厚着をすればまだ暖房なしでもすごせるのに、アイスを食べたから、寒さを我慢できず。

  ストレス→余計なものにお金を使う→お金が減るストレスも生まれる

節約生活が乱れています。

悪循環は早くたち切らなきゃいけないのですが、甘いものはおいしいでね(^∇^)



ごほうび


仕方がないので(笑)、毎日めいっぱい仕事を頑張っています。

1年目にはすごく大変だと思ったことも、
1年目よりは辛さを感じません。
イヤだなと思うこともたくさんありますけど。

当たり前と言えば当たり前ですが、

逃げずに頑張ったごうほうびで、
大変だと思う仕事に対しての耐性が少しついたのかな、と思います。


八千草薫さんが、
「まったく無理をしないと、人生の可能性を狭めてしまいます。」
とおっしゃっていたそうですが、
確かに楽なだけの人生は、可能性を狭め、味気ないものになるのかもしれません。

若い時は逃げる事が多かったのですが、今はとりあえず、頑張ってやっています。
逃げる余裕がないだけですが(^^

拍手ありがとうございました。



プロフィール

たま子

Author:たま子
猫たちと非正規で働く夫と節約生活をしています。

よろしくお願いします
最新記事
広告
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -